特別養護老人ホーム中野けんせいえん
先輩職員の声

はじめまして


百野

岡山中央福祉会 中野けんせいえんに入職して2年が経とうとしています。前職は病院に勤め、目まぐるしい忙しさの中で身体的ケアを学びました。そして現在の中野けんせいえんに入職してからはゆっくりと過ぎる時間の中で精神的ケアを学び介護とは何かを日々、学ばせて頂いております。印象的に残っている出来事は、まだ入職して1年目の時、私が夜勤明けの朝、少しでも日勤者の手を煩わせないように眠たい目を擦りながら利用者様を離床介助すると、先輩職員からお叱りを受けました。業務的にならないよう、利用者のペースに合わせて介助するようにと教えていただきました。今まで業務を迅速にこなすことで信頼を得ていた私には衝撃的な出来事でとても感動したのを覚えています。そんな優しい職員がたくさんいる中で働かせて頂いていることに日々喜びを感じております。また5月には熊本で被災された方達の支援にボランティアとして参加し被災された方たちの本当に辛い部分を知ることができました。優しい職員や様々な地域の参加など貴重な体験をさせて頂き、人間的に成長させてくれる素晴らしい職場だと思いました。
そんな職場で働いてみませんか?お待ちしております。

はじめまして


花房 英之

(川崎医療福祉大学 医療福祉学部医療福祉学科卒)

はじめまして、岡山中央福祉会に入社して2年目になる花房英之と言います。入社当初は介護経験もほとんどないに等しい状態で、のんびりとした性格のせいもあり、こんな自分でも仕事を続けていけられるのかといったことや、今までほとんど関わったことのないご利用者様達とちゃんと接していけられるのだろうかといった不安しかなかったことを今でも思い出します。実際に入社し働き出すと経験者、未経験者問わず先輩職員がつき、1から教えてくれるため介護未経験のような私でも2か月目からは先輩職員についてもらわなくても徐々に一人で勤務がこなせるようになっていました。そして気づけば1年経ち自分の後輩となる職員が入ってき、今度は自分が教える立場になっていました。後輩となる職員といっても自分とは違う価値観や考え方を持っており、色々と指摘してもらい切磋琢磨し日々頑張っています。もし岡山中央福祉会に入社を考えているならば中野けんせいえんでお待ちしているのでこんな自分ですがよろしくお願いします。

はじめまして


山下 桃子(介護福祉士)

(2015年入職 旭川荘厚生専門学院 介護福祉科)

私は1か月間同じ職員に付き、仕事内容や利用者ひとりひとりのケアの仕方について教わるプリセプター制度を経験しました。入職したての頃は分からない事ばかりで不安でしたが、1か月間同じ職員と過ごし指導していただく事で、私の苦手な部分も理解してもらい、丁寧に指導していただきました。そして、「分からない事があったらプリセプターに聞こう」という信頼も生まれ、積極的に質問する事が出来ました。また、「何でも聞いてね」といつも優しく言ってもらえたので、小さい事でも遠慮なく聞く事が出来、ケアについてもなぜこうするのか等、今ではきちんと理解したうえで介護させて頂いています。そういった存在がいることで、仕事に対する不安もすぐになくなり、今でも楽しく学びながら介護に携われています。

はじめまして


御船 真央

(旭川荘厚生専門学院 介護福祉科卒)

はじめまして。今年の4月に入社いたしました、新人職員の御船です。入社して半年が経ちました。まだ、覚える事ばかりで、忙しくもありますが充実しています。入社当初は、介護について勉強していたとはいえ実際の現場とは違い、苦労することが多くありました。利用者の方との接し方、介助方法など戸惑うことばかりでした。しかし、利用者の方々が顔や名前を覚えて下さり話しかけてくれるようになり、だいぶ雰囲気には慣れたように思います。利用者の方との関わりは日々変わっていて、新しい発見もあり楽しいです。介護技術は、まだまだで先輩方にアドバイスなどもらいながら勉強しています。先輩方も優しく教えて下さり、いつも支えてもらっています。忙しい毎日ですが、楽しい日々を送っています。これからも頑張っていきたいと思います。

はじめまして


大野 早貴

(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科卒)

はじめまして。私は昨年の春、健生園に入社致しました新入職員の大野です。健生園に入社して1年が過ぎました。私は、在学時介護コースに所属し介護について学んではいたものの、入社した頃は、新しい場での動きや流れについていくのが精一杯で、「出来るかな」といった不安などの気持ちも持っていた思い出があります。しかし、そのなかでも、利用者の方と過ごす時間は楽しいもので、例えば同じ方との話しの中でも、得られるものはいつも違ったり、日々変わっていったり、一人ひとりの新しい発見を感じられることが、今でも多くあると思っています。また、先輩職員の支えも大きく、周りの職員の姿から介護技術等を始め何より関わりについて改めて大切な点を感じることができ、自分自身の学びにもなっています。こんなにも嬉しい気持ちが生まれるのだなと、利用者の方の笑顔から、沢山の力をもらっています。その分、自分もたくさんの笑顔に繋がるような、人と人との関わりやケアを一生懸命取り組んでいきたいと思っています。今後もよろしくお願いします。

はじめまして


大西 美幸(介護職)

(岡山医療福祉専門学校 介護福祉科卒)

はじめまして。入社4年目の大西です。健生園では企画や行事が多く行われております。実際に私も昨年ユニットのご利用者様と香川県への秋の1泊旅行に同行させて頂きました。そこで、ご利用者様の普段と違う様子やその人のことを深く知る事ができました。これからも普段の関わりからご利用者様を知るようにしていきたいとおもいます。

はじめまして


落合 一真(介護職)

(旭川荘厚生専門学院介護福祉科卒業)

はじめまして。2014年春より入職したばかりの新人の落合といいます。新人と言いましても年齢は30を超えており、入職当初は年齢的に先輩方や同期に受け入れてもらえるか不安ばかりでした。しかし、先輩方は仕事やプライベートの事まで親身になって相談に乗って下さり、同期は年齢の差を気にせず受け入れてくれました。おかげで毎日のびのびと出勤できています。いくら介護のプロとはいえ、職場での人間関係がうまくいかず、自分の精神環境が整っていない状態ではいい介護は難しくなります。職員の精神的環境が整っていることは、利用者様に利用者様本位の生活を送って戴く為に大切な事だと私は思っています。決して友達クラブのような「なあなあ」の関係性ではなく、真剣に注意すべきところは注意し合い、楽しいことは利用者様も職員も一緒に笑って時間を共有することができるような施設、それが現在私のもっている「健生園」のイメージです。私はそんな健生園が「大好き」です。新しく入職される、又は異動で来られる職員にもそう言ってもらえるように、そして何よりも利用者様にそう言っていただけるように、良い環境造りに今後も力を入れて頑張っていきますので宜しくお願いします。

はじめまして


小牧 春菜(介護職)

(山陽学園大学 総合人間学部生活心理学科卒)

はじめまして。私は今年の春、入社いたしました新人職員の小牧です。健生園に入社してから半年が経ちました。入社当初は介護経験が全くなく、不安ばかりでしたが、利用者さまとの関わりや、先輩職員のご指導のおかげで、忙しくもありますが充実した日々を過ごしています。今後も、利用者さまと一緒に過ごす時間を大切にしながらがんばっていきたいと思います。

はじめまして


笹埜 光

はじめまして。私は今年の春、入社しました新人職員の笹埜光です。健生園に入社して半年が経ちました。入社当時は不安ばかりでしたが、今は毎日が新しい発見の連続で、忙しい中でも先輩職員の皆さんの支えや、何よりも利用者様の元気な笑顔のおかげで楽しく、充実した毎日を過ごしています。今後は利用者様とともに、喜びや楽しさを見つけられるようなケアを実践していけたらいいなと思っていますので、今後もよろしくお願いします。

はじめまして


澤田 茜

(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科卒)

はじめまして。私は今年の春、入社いたしました新人職員です。今まで介護経験はないに等しく、自分で選んだものの、不安でした。しかし、健生園ではご利用者様とのコミュにケーションや介護技術を学ぶ機関があり、わからなければ先輩職員にすぐ聞くことのできる環境もあります。また、ご利用者様の笑顔を見ることができた嬉しさも、日々頑張る活力となっています。これからもご利用者様や先輩職員に教わりながら、個別支援を大切にしていきたいと思っています。

はじめまして


三浦 良平

(川崎医療福祉大学 医療福祉学部医療福祉学科卒)

はじめまして。私は今年の春、入社したばかりの新人職員です。介護経験が全くなく、入社したばかりのころは不安でいっぱいでした。しかし、健生園では1か月間のコミュニケーション研修期間があり、介護技術でなく利用者の方とのコミュニケーションをしっかりととることができました。そのおかげで、実際に介護を行う前にそれぞれの利用者の方の特徴などを知ることができました。まだまだ介護を始めたばかりですが、非常にやりがいのある仕事であるように感じています。先輩職員に相談しやすい環境、温かい雰囲気のユニットのなかで、利用者の方たちに少しでも充実した生活を送っていただけるよう、これから頑張っていきたいと思います。

日下成美です


日下 成美

(岡山女子高等学校 保育科卒)

日下成美です。私は、健生園から始まり、ヘルパーステーション・老健・小規模多機能等…色々な所を経験してきて、今健生園に帰ってきてから4年が経とうとしています。現在は、2階の「さえずり」ユニットにて、皆さんと一緒にゆったり・のんびりとケアを行っています。これから暑くなってくるので、私は汗かきだからちょっと大変ですが、仕事を頑張っている様にも見えるかな?担当居室の利用者の方と、いろいろな所にお出かけできたらと思って企画等考えています。日々勉強です。宜しくお願いします。

はじめまして


竹田 勇介

(旭川荘厚生専門学院介護福祉科卒)

はじめまして。1階「なごみ」ユニットでリーダーをしています竹田勇介と言います。
昨年6月からユニットリーダーになりました。ショートの方も多く、日々色々な事が目まぐるしく過ぎていきますが、その中でも「個別支援」を考えて、ユニット職員一同、切磋琢磨している所です。健生園では、企画もいろいろ取り組んでいますが、なるべく個別の要望に応えるように行っています。まだ至らない所が多いですが、ユニット職員と共に、シンは崩さないように頑張っていきたいと思っています。働きやすい職場ですよ。

はじめまして


大倉 健

(川崎医療福祉大学卒)

はじめまして。私は入社してもうすぐ1年が来ます。入社当時は、介護経験もなく大きな不安を感じていましたが、先輩職員と1対1による丁寧なご指導、分からない事があればその場ですぐ相談できるといった環境など、多くの先輩方に支えられここまで頑張ってくることが出来ました。
また、日々働いている中でしんどいこともありますが、ご利用者様からの「ありがとう」といったちょっとした声かけに私自身も支えられ、日々やりがいを持って働くことのできる職場です。これからもご利用者様の一言一言に耳を傾け、安心した生活を送って頂けるよう頑張っていきたいと思います。

はじめまして


手嶋 佐和子

(旭川荘厚生専門学院介護福祉科卒)

はじめまして。私が健生園に入社してもうすぐ1年になります。
入社当時は介護の勉強をしていたとは言え、不安ばかりでした。しかし、歳の近い先輩職員がプリセプターとして気軽に相談に乗ってくれたり、周りの先輩職員に支えられて、今では毎日楽しみながら御利用者様の支援をさせていただいています。
また、健生園では企画、外出などの行事が多く、新人でも取り組むことが出来ます。私も御利用者様の希望で、10月に初めて一緒に服を買いに行きました。服を真剣に選ばれ、買った後の満足された笑顔は忘れることができません。
これからも御利用者様と一緒に過ごす時間を大切にしながら頑張りたいと思うので、宜しくお願いします。

はじめまして


山 のぞみ

(旭川荘厚生専門学院介護福祉科卒)

はじめまして。私は、昨年度旭川荘厚生専門学院を卒業し、入社いたしました。この一年利用者様と関わったり、技術を習得したりと大変でしたが、今の一番の元気の素は利用者様の笑顔です。忙しかったり、疲れたりしていても笑顔で話しかけてくれる利用者様にいつも助けられています。利用者の皆様とも徐々に関係を作ることができ、考えさせていただいたり勉強させていただいています。先輩職員にもたくさんのことを指導していただき、何かわからないことがあってもすぐ相談できる職場で、とてもやりがいのある仕事だと感じています。
健生園は企画や行事が多いのが特徴で、利用者様にもご家族様にも楽しんでいただきたいと考えております。私も職員として楽しんで行っております。これから先も信頼できる職員、利用者様の立場で考えることのできる職員を目指し頑張りたいと思っております。

入職二年目の岡本です。


岡本 ゆかり

(旭川荘厚生専門学院介護福祉科卒)

入職二年目の岡本です。私は利用者の出来ること、したいことを「一緒に」行うようにしています。例えば立位で家事は出来なくても、座位は可能という方には椅子に座った状態で洗濯物を干したりたたんだりしていただく。手押し車の上に食器をのせて、一緒に運んでいただく。ベランダで野菜を育て収穫して食べる。これはここに居場所があると感じることの出来るよう意識的に行っている工夫のひとつです。たとえ利用者が不自由を抱えて戸惑ったとしても、「自分はひとりではない」と安心できるような関係を構築しながら、利用者と家族の笑顔を引き出せるような援助を行なっていきたいです。

はじめまして。


日下 善弘

(関西福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒)

はじめまして。私は健生園に入社して2年目になります。入社当初は介護経験もなく戸惑うことも多かったですが、先輩職員の方々がその都度フォローして下さり、現在はやりがいを持って働くことが出来ています。
健生園では外出企画などご利用者様のご要望や願いを実現する、願いに近づける取り組みが頻繁に行なわれております。私自身健生園を利用してよかった、今日は楽しかったなど、1日でも多く感じてもらえるような支援の出来る職員となれるよう日々頑張っていきたいと思います。

はじめまして。


野代 愛美

(旭川荘厚生専門学院 介護福祉科卒)

はじめまして。私は入社して3年目になります。健生園では企画行事が多く、普段見られない利用者様の様子を見ることができ、毎日の励みになっています。健生園では、入社して半年間相談役としてマンツーマンでつくプリセプター制度があります。私は現在プリセプターをさせていただいており、先輩に教わったことを活かし新人育成をする中で、私も日々勉強させられる部分が多くあります。今後も新人と共に成長できるように頑張っていきたいと思います。

やりがいのある職場です。


頼則 隆史(介護職)

(旭川荘厚生専門学院 介護福祉科卒)

就職して4年になります、介護スタッフの頼則隆史です。健生園に就職して、沢山のご利用者様に関わらせて頂きました。70年80年と生きてこられた方々の最期の生活を共に過ごさせて頂くのはとても貴重な事で、自分がまだ見た事のないもの、感じた事のないものに気付かされる事が沢山あります。その経験を活かし、自分にしかできない事を提供していけたらと思っています。