個人情報保護方針|岡山中央福祉会

岡山中央福祉会個人情報保護方針

岡山中央福祉会は、利用者並びに職員の「プライバシーに関する権利」を積極的に擁護し、個人の人格を尊重し人権を守るようにつとめます。私たちは、社会福祉法人の社会的責務として、個人情報を安全で的確に保護するために、本方針を定め運用・維持し継続的に改善していきます。

  • 基本的人権を尊重し、個人の情報が守られる権利、及び情報の自己決定権を保障します。
  • 個人情報の収集・利用・提供に関しては、岡山中央福祉会の事業と活動にふさわしい収集目的、利用範囲を明確にし、適切に取り扱います。
  • 個人情報への不正なアクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩などが発生しない安全な業務を確立します。
  • 事業活動への利用者の主体的な参画を育むとともに、介護記録、医療情報、ケアプランなど大切な個人情報を、わかりやすく本人に提供し説明します。

そのために、法令を遵守し、個人情報を保護するための「個人情報基本規定」を確立し、すべての職員に本方針を周知徹底し、利用者には機関紙、ホームページ等を通じて広く公表します。

そのために、法令を遵守し、個人情報を保護するためのマネージメントシステムを確立し、すべての職員に本方針を周知徹底し、利用者には機関紙、ホームページを通じて広く公表します。

2005年4月1日
社会福祉法人 岡山中央福祉会
理事長 井場 哲也